日々更新。ニュースにない背景や観点を以下のSNSで音声ライブしていますので、お時間がある方は、是非そちらをご利用下さい(日本時間22時開始)。

Twitter/Instagram:@danzenjapan

Clubhouse イベント:断然中国 ニュース解説。

見逃した方はこちらへどうぞ:Podcast

本日ニュースの目次:

【パーフェクトワールド2020年売上高1636億円】

【ニューオリエンタル・オンライン、20%リストラ】

【テスラは中国にデータセンターを設立する可能性あり】

【美団が不正競争でまた敗訴】

【Didiが北京の路上自動運転資格を】

【Xiaomiは3月31日より1億2030万株の買い戻し】

【Lenovoのエンタープライズ向けPC市場占有率が55.5%に】

【SFエクスプレス関連企業がデリバリー業務を登録】

【吉野家2020年純損失75億円、昨年150店舗閉鎖】

【高仙ロボットが100億円を調達】

【パーフェクトワールド2020年売上高1636億円】 パーフェクトワールドは売上高1636億円(前年比27.19%増)を達成し、そのうちゲーム事業の売上高は1481億円(前年比35%増)、ゲーム事業の純利益は約365.6億元円(前年比20.41%増)となりました。 総利益が前年比23.08%増の265.12億円を達成しました。

【ニューオリエンタル・オンライン、20%リストラ】 オンライン教育企業のニューオリエンタル・オンラインは、小中学校の大教室事業において、教師、教師のコーチ、運営など、この1ヶ月間に集中的なリストラを行いました。 解雇対象は部門によって異なり、中学部門のリ教師の約20%がすでに退職している。

【テスラは中国にデータセンターを設立する可能性あり】テスラのグローバル副社長は、中国の発展改革委員会が主催した会議で、中国で収集したテスラのデータは、データ管理に関する中国の法令を厳格に遵守し、現地保存と管理を実現すると述べた。 テスラは、アップルに習い、中国本土内にデータセンターを設立するかもしれません。

【美団が不正競争でまた敗訴】江蘇省淮安中級人民法院は、2018年1月1日に施行された中華人民共和国の反不正競争法第12条を適用して判断された、フードデリバリー分野における初めての不正競争侵害事件である美団の不正競争について判決を下しました。 結果、美団が563万2千円の賠償金を「饿了么(腹減った)」支払うことが通告されている。

【Didiが北京の路上自動運転資格を】 Didi自動運転は北京インテリジェント・ネットワーク・ビークル政策パイロットゾーンでの路上テストライセンスを獲得したことを発表。Didi自動運転は夜間や複雑な天候下でのテストの資格を得た第一陣でもあり、24時間の全天候型路上テストや、雨や霧などの特殊な天候下での関連テストの実施が可能に。 北京のスマートネットワーク自動車政策の範囲は、亦庄新都市の225平方キロメートルの計画区域と、大興国際空港、京泰高速道路、京津高速道路など、亦庄周辺の6つの高速・都市高速区間、総長143キロメートルに渡る。

【Xiaomiは3月31日より1億2030万株の買い戻し]】香港証券取引所の火曜日の夜の発表によると、Xiaomiは1株あたり24.60~25.05香港ドルで株式を買い戻し、発行済み株式資本の0.06%を占めました。 3月31日以降、Xiaomiは1億2,030万株の自社株買いを行いました。 シャオミは火曜日、香港で0.2%減の24.90香港ドルで取引を終えました。

【Lenovoのエンタープライズ向けPC市場占有率が55.5%に】 Lenovo Chinaの会計年度カンファレンスが開催されました。 エグゼクティブ・バイス・プレジデントによると、第1~3四半期において、Lenovo中国の大口顧客向けビジネスPCの販売シェアは55.5%に達した。 そのうち、企業向けPCの販売台数シェアは、前年同期比3ポイント以上増加し、過去最高の60.9%、教育市場向けPCの販売台数シェアは、前年同期比3.4ポイント増加し、59.1%となりました。

【SFエクスプレス関連企業がデリバリー業務を登録】企業情報にデリバリーの業務が追加された。顺丰同城物流が2020年5月より、企業の従業員が集団で食事サービスを提供するためのミニ・プログラム「風食」を立ち上げていた。

【吉野家2020年純損失75億円、昨年150店舗閉鎖】 先日、日本のファストフードチェーンブランド「吉野家」が2020年の決算を発表しました。 報告書によると、吉野家の2020年度の業績は、最大で75億円の純損失となっています。 新興国のコロナの影響で吉野家の売上高は激減し、コスト削減のために2020年には世界で150店舗を閉鎖した。 現在、吉野家は全世界で1,000以上の海外店舗を展開しており、そのうち中国店舗は60%以上を占めています。

【高仙ロボットが100億円を調達】高仙ロボットが総額1億ドルのシリーズB資金調達を完了した。 2013年に設立された 高仙ロボットは、主にスマート清掃ロボットを開発しており、SOHO中国、龙湖、万科、新鸿基、シンガポール空港、SFエクスプレス、大润发、物美、太古汇などに導入されています。

Facebook Pageはニュース解説の他、中国に関する情報を色々シェアします。

Podcastはライブで解説した詳細を録音した内容が聞けます(文章を掘り下げた内容となります)

ブログから過去の記事が見れるようになっております。

断然中国 on Clubhouseにて、皆さんとディスカッションする場を設けております。

Clubhouse InstagramTwitter:Danの個人SNSアカウントとなります。